夫婦問題と子供の影響

夫婦問題が与える子供への影響は計り知れません。
平成に入り、誰とも関係を持たず学校に行かない子供が増えて来ています。
昭和の時代にも不登校の子供はいましたが、現在は不登校をあまり悩まない子供が増えているのが特徴です。
そのため、特に理由もなく不登校を繰り返している子供が多くなっています。
またそれと並行して、10代のうつ病、特に中学生のうつ病が多発しています。
その原因の一つになっているのが夫婦間の不仲と言われています。

夫婦問題が深刻化してしまい、家庭内別居状態で、両親は顔を合わせても目を合わせることも話す事もない家庭の子供は、家にいても心が休まる事がなく、しっかりとして休養を取る事が出来ないため、授業中に居眠りをしてしまったり、集中力が低下してしまいスポーツも勉強も遅れがちになってしまいます。
最悪、夫婦の不仲が原因で、不登校や引きこもり、摂食障害になってしまう子供も増えて来ています。

しょっちゅう喧嘩をする両親の姿を見ている子供は、思い遣りの心を持つことが少なかったり、家事を手伝わない夫や、仕事に理解のない母親の姿を見て過ごしていると、人助けできなかったり、相手の事を思いやる事ができない子供に育つ傾向にあります。
他にもニートと夫婦仲というのは大きな関係があり、ニートになった子供の両親は、夫婦仲が悪いという事が多いので、子供の人生を大きく変えてしまいます。
そこでこのサイトでは、夫婦の不仲を解消する方法などをご紹介していますので、最近パートナーと上手く行っていない方は、一度チェックしてみてくださいね。

Copyright © 2014 夫婦問題は子供に影響する? All Rights Reserved.